本文へ移動

理念と取り組み紹介

ペイペイ使えます
そのために
地域まるごと健康づくりをすすめます。
地域住民と医療や福祉の専門家が協同します。
多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。

理念

 私たち医療福祉生協は、日本医療福祉生活協同組合連合会の設立趣意書をもとに、憲法25条(生存権)や9条(平和主義)、13条(幸福追求権)が活きる社会の実現をめざします。
 
 私たちの使命は、地域まるごと健康づくりをすすめることです。
 
○私たちは、医療や福祉の事業、健康づくりやまちづくりの運動を通じて、平和や社会保障の充実を求める運動や環境へのとりくみをまちぐるみで総合的に進めます。
 
 私たちは、地域住民と医療や福祉の専門家が協同する組織です。
 
○私たちの組織の最大の特徴は、ともに組合員として生協を担う地域住民と医療や福祉を担う専門職がそれぞれ主体者として協力しあうことにあります。その優位性を事業と運動の全ての場面で活かすことを大切にします。
 
 私たちは、多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。
 
○私たちは、ICA原則にある「コミュニティへの関与」をもとに、地域の中に協同の“わ”を広げることを重視し、国際連帯の活動にとりくみます。                

いのちの章典

はじめに

 日本生活協同組合連合会医療部会は「医療生協の患者の権利章典」「医療生協の介護」を策定し、事業と運動の質を高めてきました。これらの活動を引きつぎ、2010年日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)が発足しました。 
 医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定します。
 「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実をめざす、私たちの権利と責任を明らかにしたものです。

医療福祉生協とは

 医療福祉生協は、地域のひとびとが、それぞれの健康と生活にかかわる問題を持ちよる消費生活協同組合法にもとづく自治的組織です。医療機関・介護事業所などを所有・運営し、ともに組合員として生協を担う住民と職員の協同によって、問題を解決するための事業と運動を行います。

医療福祉生協が大切にする価値と健康観

 私たちは、近代市民社会の大原則であり、日本国憲法の基本理念である主権在民の立場にたちます。私たちは、憲法13条の幸福追求権や9条の平和主義、25条の生存権を実現するため、主権在民の健康分野の具体化である健康の自己主権を確立します。 
 私たちが大切にする健康観は「昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え、社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的に生きる」というものです。
 私たちは、この価値と健康観にもとづき、医療・介護・健康づくりの事業と運動をすすめ、地域まるごと健康づくりをめざします。

いのちとくらしを守り健康をはぐくむための権利と責任

 ともに組合員として生協を担う私たち地域住民と職員には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、以下の権利と責任があります。

自己決定に関する権利

私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。

自己情報コントロールに関する権利

私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意のもとに適切に利用することができるようにします。

安全・安心な医療・介護に関する権利

私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。

アクセスに関する権利

私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行います。

参加と協同

私たちは、主体的にいのちとくらしを守り健康をはぐくむ活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。

地域の健康づくり活動

~地域まるごと健康づくり~

 医療生協は、生命を育み健康を守るために誕生し、その実現のために人と人とが自主的に協同して活動しています。
 元気で長生きする社会というものは、赤ちゃんからお年寄りまで安心して暮らせる社会であって、個人の健康だけではなく地域全体を社会的にも健康にする広い意味での「健康づくり」が前提であると私たちは考えます。
 盛岡医療生協では、健康づくりの動機付けとなる「健康チャレンジ」、店舗やまちかどで行う「健康チェック」、医療・介護従事者による「医療講話」などに取り組んでいます。

健康チャレンジの紹介

 健康のために何かを始めたいという方へのきっかけづくりとして、手軽に楽しく参加できる「健康チャレンジ」に取り組んでいます。岩手県をはじめ盛岡市、滝沢市、紫波町、矢巾町や各報道機関、新聞社の後援を多くの方が参加しています。
 減塩やフレイル予防など自分がチャレンジする項目を決め、1か月取り組みます。個人での取り組みの他、グループで楽しく、はげまし合いながら健康づくりを習慣化させていくこともお勧めしています。大人だけでなく、子どもチャレンジ、健康チャレンジ小中学生版もあり、家族でも取り組んでいただけます。いつまでも健康に過ごすためにあなたも健康チャレンジに取り組んでみませんか?
 

まちかど健康チェックの紹介

 医療生協の組合員が健康なまちづくりの一環として、からだの健康チェックをする取り組みです。地域の公民館や大通り、肴町のアーケード街、いわて生協店舗など様々な場所で年間約100回、のべ1万件の健康チェックを実施しています。組合員でない方もどなたでも受けられます。
 血圧や骨量測定、尿塩分チェック、血管年齢測定、足指筋力測定などを地域で行っています。医療生協の専門スタッフと組合員が一緒に健康チェックの内容を考え、測定を学習して組合員が自ら行う健康チェックを地域に広げています。
 健康チェックで気になる数値が出た場合は診療所への受診や検査を勧め、医療の専門家につなぎます。

医療講話のご紹介

 地域で健康づくりをすすめるため、医師による病気についての講話や栄養科による減塩調理実習、理学療法士、作業療法士による予防体操、介護職員による認知症サポーター養成講座など70種類以上の講話メニューをそろえ、様々な地域で学習講演会を行っています。2019年度はのべ105回の医療講話を行いました。
盛岡医療生活協同組合
〒020-0835
岩手県盛岡市津志田26-30-1
TEL.019-635-6216
FAX.019-635-9052
TOPへ戻る